商品ネーミングの普通名称化イメージ

商品ネーミングについて

恋愛もそうですが、市場に出回っている商品に対しても多くの人は一旦惚れ込むと多少の欠点などは気にならなくなってしまい、商品名や社名を聞くだけで安心感を得ることができるようになります。

これは“両刃の剣”でもあり、プラスに働く場合は黙っていても売れるようになるのですが、逆に不祥事などを起こして一旦悪いイメージを懐かれると、良い部分までも悪いのではないかと疑われるようになります。

このような現象を心理学ではプラスとマイナスの“ハロー効果”と言うようですが、企業はこのような効果をプラスに導いて繁栄を勝ち取るために惜しみない努力を重ねています。

そして商標登録を行って、自分の創作した商標は他人に侵害されることなく独占して使用したり、たとえ侵害されたとしてもその中止を請求することができる権利を与えられて法によって保護されることによって市場の秩序も保たれて行きます。

ところがこうして築き上げた信頼も、年月が経つにつれて開発した企業独自の商標としての認識が薄くなって普通名称の1つのようになってしまう場合があります。

ページの先頭へ戻る